【1000時間学習】プログラミングスクールRUNTEQの特徴・料金・おすすめポイントを紹介

当サイトでは一部リンクに広告が含まれています

今回は、実践的なカリキュラムでエンジニアとして本当に活躍することを目指す未経験者におすすめなプログラミングスクール、RUNTEQ についてご紹介します。

この記事を書いているのは現役のエンジニア兼プログラミングスクール講師ですので、より深い目線で徹底レビューしています!

まず結論から言うと RUNTEQ は「実力を付けたい人には一番おすすめのプログラミングスクール」となっています。

この記事を読むと、以下のような疑問を解消できます!

・RUNTEQ の特徴は?料金は?受講期間は?
・他のプログラミングスクールとどう違うの?
・卒業したら本当に就職・転職できるの?
・ポートフォリオを作れる?

目次

この記事の対象読者

今回の記事は、以下のような方におすすめです!

  • 未経験からプログラミングを学んで就職・転職したい人
  • 就職・転職前に本当に役立つプログラミングスキルを身につけたい人
  • プログラミングスクールに通うべきか悩んでいる人
  • どのプログラミングスクールを選ぶべきか知りたい人
  • RUNTEQ に興味があり詳しく知りたい人

おすすめプログラミングスクール RUNTEQ の特徴 5選

1000時間のカリキュラムで徹底的にスキルを身に付けられる

初心者がエンジニアとして成功するためには、一般的には何百時間もの学習が必要とされます。

しかし、RUNTEQはその通常の想像を超えて、1000時間の充実したカリキュラムを提供しています。それにはしっかりとした理由があります。

なぜ1000時間が必要なのか?

RUNTEQの最大の特徴は、学習時間に1000時間を要するという点です。

この1000時間という時間は、一見すると多く感じるかもしれませんが、実際にはこの時間は一人前のエンジニアになるために必要なものです。

エンジニアリングはただの仕事ではなく、一種の高度な専門職です。
そのため、市場で高く評価されていますが短期間でのスキル習得は難しいです。

それは、単純にプログラミング知識だけではなく、以下のようなスキルが求められるからです。

  • タスク管理能力:転職直後から独力でタスクをこなせる
  • 問題解決能力:自分で調べて解決できる
  • 質問力:先輩や同僚に対して適切な質問ができる

このレベルに到達するためには最低でも1000時間の継続した学習が必要とされています。

1000時間未満の学習では不十分な理由

もちろん、短時間でもある程度の学習は可能なのですが、その場合は以下のようなリスクがあります。

  • 即戦力として評価されない
  • 基礎的なタスクしか任されない
  • 内定がなかなか決まらず、妥協が必要になる

これを防ぐためにも、RUNTEQは1000時間以上の学習を推奨しており、後に苦労することがないようにしています。

段階的に学習できるカリキュラム

1000時間の学習時間は単調なわけではなく、RUNTEQでは以下のような段階的な学習プランを想定しています。

  1. 100-300時間: 基礎的なWEBアプリケーションを開発できるレベルに到達
  2. 300-800時間: 独力ではなく、先輩のアドバイスを受けながらタスクを完了できるレベルに到達
  3. 800-1000時間: 独力で基本的なタスクをこなせるレベルに到達

このように段階を踏みながら、最終的には難易度の高いタスクでも一人で対処できるレベルに到達します。
いきなり高度な内容になるわけではなく、段階的に学習していくことで、安心して学習を進めることができます。

RUNTEQ独自の強力な就職・転職サポート体制

プログラミングのスキルアップは当然として、その後の就職や転職もしっかりとサポートするRUNTEQ。

学習期間から始まる一対一のサポートで、エンジニアとしてのキャリア形成を全力でバックアップします。

それでは詳しいサポート内容を見ていきましょう!

経験豊富なキャリアアドバイザーによる書類作成サポート

RUNTEQでのサポートは、履歴書や職務経歴書の単なる添削にとどまりません。
専任のキャリアアドバイザーが各受講生と密にコミュニケーションを取り、その人ならではの強みや経験をいかにアピールするかを一緒に考えくれます。

自分一人で考えるのは難しいものですが、一緒に考えてくれるので安心ですね。

精度の高い模擬面接と多角的な面接練習

RUNTEQの模擬面接は、一般的な質疑応答から技術面接までカバーしており、実際の面接に近しい練習ができます。
こうした多様な練習によって、どのような面接形式にも柔軟に対応できる力を身につけることができます。

個別対応の会社探しサポート

RUNTEQが提供する会社探しのサポートは、単に求人情報を提供するだけではありません。
業界の最新動向に精通したキャリアアドバイザーが一人一人の希望やスキルに合わせて、最適な企業を紹介します。

これによって、RUNTEQ受講生はより高い確率で希望するポジションに就けるというわけです。

キャリアアドバイザーによる全面的なサポート

RUNTEQのキャリアアドバイザーは、書類作成から面接、そして実際の就職・転職活動に至るまで、一貫して受講生をサポートします。
このような徹底したサポートによって、受講生は自分自身の強みと弱みをしっかりと理解し、具体的なアクションプランを立てることができます。

RUNTEQが提供する多方面からの就職・転職サポートは、多くの受講生から高い評価を受けています。このような全方位的なサポート体制が、エンジニアとしての成功を後押しします。

以上のように、RUNTEQでは多方面から就職・転職サポートを行っており、その独自の体制が受講生から高い評価を受けています。

アイデア出しから改善までポートフォリオ作成を丁寧にサポート

多くの企業で提出を求められるポートフォリオですが、RUNTEQ はポートフォリオの作成を丁寧にサポートしてくれます。

ここではポートフォリオについてと、そのサポート体制を見ていきましょう。

何故ポートフォリオが重要か?

転職や就職を考えるエンジニア未経験者にとって、単にプログラミングを学ぶだけでは不十分です。
なぜなら、実務では学ぶ力よりも開発する力が必要だからです。

そこで、ポートフォリオという自分だけの作品(アプリ)を作ることにより、本当に使えるスキルが身に付くのです。
また、その身に付いたスキルを「実力」として名刺代わりに見せることも出来るので、ポートフォリオは必ず作るようにしましょう。

アイデア出しから改善まで全体をサポート

RUNTEQの講師は、アイデアの構想から開発、そしてリリース後の運用までトータルでサポートしてくれます。

特に以下のポイントが特徴的です。

  • アイデアと技術選定の相談:開発だけでなく、アイデアのフェーズからアドバイスを受けることができます。
  • 多岐にわたるレビュー:設計段階やリリース後も含め、幅広い範囲でのフィードバックとレビューがあります。
  • コミュニティによる実用的なフィードバック:RUNTEQのコミュニティを活用して、実際のユーザーからフィードバックを受けられます。

アプリケーション作成のステップ

RUNTEQのポートフォリオ作成では、以下のようなステップでアプリケーションを作成し、その中でそれぞれサポートを受けることになります。

  1. アイデア出し
    • RUNTEQは独自の方法でアイデアを出すコツを指導します。
    • アイデアに対するフィードバックもしっかりと行います。
  2. 企画段階
    • ユーザーを獲得できるようにマーケティングの観点からもレビューを受けられるので、一人で企画するよりも客観的な視点が得られます。
  3. 開発フェーズ
    • 画面設計やデータベース設計(ER図)など、技術的な側面でのサポートが充実しています。
  4. リリースと運用
    • RUNTEQでは、リリース後も継続的にサポートがあります。
    • データ分析やサービス改善についても具体的なアドバイスがあります。

ただ漫然と作るのではなく、実務に近い流れで作るため実践的ですね。

また、作って終わりではなく作った後の改善も継続的に行えるため、より完成度の高いポートフォリオに仕上げることができます。

卒業生のポートフォリオも公開中!

オリジナルのポートフォリオ(アプリ)を作るといっても、最初は何を作ればいいのか分からないかと思います。
そんな時は他の人のポートフォリオを参考にしたいですよね。

RUNTEQ では卒業生のポートフォリオのうち、特に注目を集めている優秀な作品は、公式ブログで公開されています。

もちろん、ポートフォリオはオリジナル作品を作るものですのであくまで発想をもらう程度ですが、良い作品から刺激を受けることはポートフォリオ作成においても重要です。

就職・転職で成功した卒業生の作品やアイデア出しのテクニックも紹介されていますので、自分自身の転職活動やポートフォリオ制作に活かすことができますね。

経験豊富な講師による質問・対話によるサポート

プログラミングスクールと独学との最大の違いは、困ったときにサポートしてくれる人がいることです。

学習時のサポートが充実しているかどうかで学習効率や深度が大きく変わってきますので、RUNTEQ のサポート体制を見ていきましょう。

技術知識だけではなくエンジニアに必要なスキルを伝授

RUNTEQ では経験豊富な講師がいますが、その講師たちは質問に答えるだけでなく、プログラミング全般にわたる知識やスキル、質問の仕方までも教えてくれます
特に、プログラミングの「考え方」や「問題解決の手法」についても教えてくれるため、プログラミングの幅広い側面を学べます。

最近では独学でも ChatGPT で疑問を解決できることも多いですが、こういったスキルは独学だと身に付けられないので RUNTEQ で学ぶメリットと言えるでしょう。

オンライン通話・画面共有を用いた即時フィードバック

他のスクールでは技術的な質問についてはチャットサポートが多く、ソースコードを渡したり、スクリーンショットを何度も渡したりする必要があるため解決までに時間がかかってしまいます。

一方、RUNTEQ ではチャットサポートだけではなく、ビデオ通話を用いてリアルタイムで特定の問題や疑問について即座に解決できるため、非常に効率的です。
また、テキストベースのチャットでは伝えづらい内容もビデオ通話であれば画面共有を行い、その場で具体的な指導を受けられます。

このようにして、問題が生じた際に迅速に対応することが可能です。

キャリア形成からプロジェクトまで多面的なサポート

RUNTEQでは、コーディングだけでなく、キャリアに関する相談やポートフォリオの作成、プロジェクトのアイディア出しまで多岐にわたるサポートがあります。

例えば、オリジナルのWebアプリを作成する過程でアイディアが湧かない、といった問題にも対応してくれます。

加えて、個人面談や初心者向けの相談室も用意されているので、独学で困ったときや、何から手をつけてよいかわからないときにもしっかりとサポートが受けられます。

大規模なコミュニティで仲間と一緒にスキルを高められる

ここまで RUNTEQ の学習面での特徴を紹介してきましたが、RUNTEQ ではその「コミュニティ」も特徴があります。

一般的なプログラミングスクールでは学習は個人(+講師)だけで進むため、その点では独学と大きく変わりません。
しかし、RUNTEQ では受講生同士、さらには卒業生も交えて交流できるコミュニティがあるため、同じく学習している仲間と一緒に学ぶ実感を得ることができます。

ここではそのコミュニティの特徴をご紹介します。

RUNTEQのコミュニティの仕組み

RUNTEQのコミュニティには大きく分けて二つの特徴があります。

  1. クラス制度: 入学時期によって分けられたクラスで、月一回のホームルームがあります。
  2. イベント: 技術勉強会や全体懇親会など、様々なイベントが定期的に開催されます。

クラス制度について

RUNTEQでは、入学時期に応じてクラスが編成されます。
このクラス制度は、互いにモチベーションを高め合い、刺激を与え合う環境を作り出してくれます。

  • 月一回のホームルーム: 学習状況に応じたテーマで意見交換や学びを深めます。
  • 定期的なグループワーク: クラスメンバーとチームを組んで、課題に取り組む機会もあります。

クラス内での活動は、学習を通じて自然に形成されるコミュニケーションの場となります。
エンジニアは助け合える横の繋がりが大事ですので、クラス制度の中で受講生同士で交流しつつ、学習できるのも実践的ですね。

イベントについて

RUNTEQでは以下のようなイベントが開催されます。

  • 定期勉強会: 新しい技術や考え方を学べます。
  • 全体懇親会: 在校生、卒業生、講師との交流があります。
  • Webアプリアイデア相談会: アプリ開発に関する疑問やアイデアを共有できます。
  • LT会: 短いプレゼンテーションを通じて、多様な知識を得られます。

ただ学習を進めようとすると、どうしても自分の世界に閉じがちになります。
しかし、こうしたイベントを通して他の受講生と交流したり、自分の学習の進み具合を客観的に把握することもできます。

RUNTEQの受講期間は?

RUNTEQでは一律「9ヶ月間」の学習コースとなっていますが、最短では「5ヶ月間」で修了するモデルも組まれています。
※「モデル」とは、学習時間に応じた学習スタイルのことであり、プランやコースのことではありません。

仕事を続けながら学ぶ場合:9ヶ月モデル

  • 学習期間: 9ヶ月
  • 週の学習時間: 平日2時間、週末8-10時間

RUNTEQの9ヶ月モデルは、特に仕事をしながらプログラミングを学びたい人におすすめです。

一週間におよそ25〜30時間を学習に費やし、平日は各2時間、週末は8〜10時間の学習が想定されています。
例えば、早朝や夜などの空いた時間を活用しながら学習するようなイメージです。

また、事前学習期間を設ければ入学後もスムーズに進行できるとのこと。
これは、特に忙しいビジネスパーソンにとってはありがたいですね。

学習にフルコミットして集中学習する場合:5ヶ月モデル

  • 学習期間: 最短5ヶ月
  • 週の学習時間: 平日8時間、週末5時間

RUNTEQの5ヶ月モデルは、プログラミング学習にフルコミットすることができる方におすすめです。

一週間で50時間以上の学習が必要なのでハードではありますが、記憶が薄れないうちに一気に学習するため学習効率が高く、短期間での卒業につながります。
また、すぐに就職・転職したいという方には特におすすめのモデルです。

ただし、この5ヶ月コースも全体の期間は9ヶ月となり料金は変わりませんので、その点は注意が必要です。
その分、余った期間でポートフォリオのブラッシュアップをしたり、自身の学習のためにサポートをフル活用するのもいいでしょう。

RUNTEQ「Webエンジニア転職コース – Ruby on Rails専攻」料金と給付制度について

プログラミングスクールRUNTEQの「Webエンジニア転職コース – Ruby on Rails専攻」は、プログラミング未経験者でも本気でWebエンジニアになりたいという方に向けた特化型の教育プログラムです。

今回はその料金体系と特別な給付制度について詳しく見ていきましょう。

料金体系: 一括または分割で柔軟な支払い

RUNTEQのこのコースの料金は、一括で550,000円(税込)です。

ただし、一括払いが難しい場合、月々の分割払いも用意されています。
分割の場合、最低月々26,400円(税込)から始めることができます。

分割払いの詳細

分割払いの1回あたりの金額は分割回数によって変わりますので、お財布事情に合わせられます。

分割回数初回支払い2回目以降の支払い
24回28,600円26,400円
12回49,500円49,400円
10回59,250円58,500円
6回95,450円95,200円
3回186,925円186,900円

このように、分割回数によって初回支払いや2回目以降の月額が変動するので、自分の経済状況に合わせて支払額を調整することができます。

給付制度: 専門実践教育訓練給付制度で受講料を軽減

さらに、このコースは厚生労働省認定の「専門実践教育訓練給付制度」の対象です。

この給付制度を活用すると、最大で受講料の70%(最大385,000円)が給付されます。
具体的には、税込550,000円の受講料から給付金を引くと、自己負担分は最低で165,000円となります。

ただし、給付にあたってRUNTEQ公式サイト(料金ページ)ではいくつか注意事項も記載されていますので、事前に確認するようにしましょう。

RUNTEQ で学べる内容は何?どんな分野が学べる?

RUNTEQは、現場で役立つ多様なスキルを総合的に教えるプログラミングスクールです。
こでは、一人ひとりが即戦力となるエンジニアを目指すために学べるカリキュラムの一部を紹介します。

プログラミング言語・フレームワーク

HTMLとCSS

HTMLとCSSはWebページ作成の基礎とも言えるテクノロジーです。
HTMLでページの骨組みを作り、CSSで装飾やレイアウトを整えます。

HTMLやCSSを学ぶのが初めての方でも、マークアップやレイアウトの基礎をしっかり学べます。

Ruby

Rubyはシンプルかつ高い生産性を持つプログラミング言語です。
条件分岐やループ処理などの基本的なプログラミングの概念をこの言語で身に付けることができます。

もちろん、RUNTEQ ではゼロから学ぶことが出来るため、プログラミングが初めての方でも安心です。

Ruby on Rails

Ruby on Rails(Rails)とは、Rubyを用いてWebアプリケーションを作るためのフレームワークです。
Rails を学ぶことで、Webアプリケーションの開発に不可欠なMVC(Model-View-Controller)という思想の理解を深めることができます。

Rails はこれからエンジニアを目指す方に非常におすすめであり、別な記事でも詳しく紹介していますので是非こちらもご覧ください。

JavaScript

JavaScriptはWebページを動的にするための言語です。
DOMの操作や、ボタンをクリックした時に反応させるなど、昨今の Web アプリでは必須といえる技術です。

動きのある使いやすいWebアプリにすることでユーザーの印象も変わってきますので、RUNTEQ で学んでポートフォリオにも組み込むといいでしょう。

エンジニアとしての必須知識

データベース

データの保管や取得は現代のアプリケーション開発において欠かせない要素です。
RUNTEQ では、データベースを扱うための SQL の基礎から、どのように設計すれば良いのかという高度な内容も学べます。

サーバ

サーバという言葉をよく耳にするかもしれませんが、普段は触れないので馴染みがないかもしれません。
しかし、サーバはWebサイトやアプリでは必ず登場するコンピュータですので、カリキュラムの中で学べるのは嬉しいですね。

ネットワーク

ネットワークはコンピュータ同士が通信する基盤です。
RUNTEQ では、その通信の仕組みやセキュリティに関する基礎的な知識を習得できます。

独学ではなかなか学ぶことがありませんが、実務に入る前に知識として習得しておくことは重要です。

クラウド

クラウドサービスは今や開発環境に欠かせないリソースです。
通常はサーバというハードウェア(機器)を購入してWebアプリを動かしますが、昨今ではサーバを購入せず、クラウドという形式でサーバを借りて動かすことが一般的です。

HerokuやAWSを使ったデプロイ方法など、多様なクラウドサービスについて学ぶことができます。

UNIX/Linux

UNIXやLinuxは多くのサーバで使用されるオペレーティングシステムです。
Webアプリケーションエンジニアを目指す場合、コマンドでサーバを操作することがほとんどですので、これらの仕組みや、コマンドを用いた操作を学んでおくことが重要です。

Git/Git-flow

コードのバージョン管理は、チームでの開発をスムーズにするために必須です。
GitやGit-flowの運用方法について学び、効率的なコード管理を行えるようになります。

Git の重要性については別な記事でも詳しく紹介していますので、こちらもご覧ください。

Docker

Docker(ドッカー)はコンテナ型の仮想化技術で、開発環境の構築が簡単にできます。
この技術を使って、アプリケーションの環境構築から開発のフローを理解します。

独学では学びにくいですが、現代のWebアプリケーション開発では必須級の知識といえます。

Docker を学べるスクールは少ない中、それを学べる RUNTEQ は貴重なスクールです。

開発に関する知識

開発工程

単にコードを書くだけではなく、プロジェクト全体の流れや工程を把握することが重要です。
RUNTEQ では、開発の手順やタスク管理などについて学べます。

ここで開発工程について学んでおくことで、現場に入った時や、副業で案件を始めるときにもスムーズにプロジェクトに参画できます。

プロダクト開発

実際に商品を作る際には、ただ技術を知っているだけでは足りません。
RUNTEQ では、プロダクト開発に必要な思考法やフレームワークの選定方法などにも触れることができます。

また、ポートフォリオを自分で作る時にも必須になりますので、学んだ内容をそのまま成果に活かすことができます。

RUNTEQでは以上のように多岐に渡る分野を網羅しています。
エンジニアとしてのキャリアを積むには、これら全てが非常に重要になってきます。

RUNTEQがWindows対応を開始!より多くの受講生が学べるように

以下はスクール自体の特徴というよりは、補足的な内容です。

RUNTEQプログラミングスクールはこれまでMacユーザー向けに最適化されていましたが、最近のアップデートでWindowsでも受講可能になりました。
これは、特にWindowsユーザーにとって大きなニュースですが、その背景や詳細について説明していきましょう。

Windows対応の背景

もともとRUNTEQは、実際の開発環境に近いMacを受講環境として推奨していました。
これは開発業界ではMacがよく使われているからです。

ただし、Macを所有していない受講希望者は、新たにMacを購入する必要があり、それは金銭的な負担となる場合も多かったのです。

今回、RUNTEQ の Windows対応は、そうした受講希望者にとってハードルを下げることを目的としています。
これにより、より多くの人がRUNTEQのプログラミング教育を受けられるようになるでしょう。

パソコン仕様の詳細:何を用意すればいいの?

RUNTEQの新しい方針により、受講に必要なパソコンの仕様もいくつか明確にされています。

共通仕様

  • メモリ:16GB以上が推奨されています。8GBでも受講自体は可能ですが、複数の開発ツールを同時に使うと作業が遅くなる可能性があるとのこと。
  • ストレージ:256GB以上が必要です。プログラミングにおいては、多くのファイルやプロジェクトを保存するスペースが必要とされます。

Macの仕様

  • モデル:Mac Book AirまたはMac Book Pro、どちらでもOKです。
  • チップ:M1またはM2、どちらも対応しています。
  • 製造年数:最新から3年以内が推奨されていますが、それ以上でも動作に問題がなければ使用可能です。

Windowsの仕様

  • OS:Windows 10またはWindows 11の64ビットが必要です。
  • CPU:Intelの場合はCore i5以上、6コア以上。AMDの場合はRyzen5以上、6コア以上が必要です。

より詳しくは、公式サイトのFAQをご覧ください。

受講するにはどうしたらいい?

以下のリンクをクリックし、リンク先から入会するだけでOKです!

RUNTEQ で本当の実力を身につけ、エンジニアとして活躍するにはとにかく早いスタートダッシュが重要です。

私も未経験からプログラミングスクールで学び、今ではエンジニア(+スクール講師)として活躍していますが、お金を気にしての独学期間が長く転職には苦労しました…。

まだプログラミングスクールで効率よく学ぶ決意ができていない方は、最後の後押しとして以下の記事をぜひご覧ください。
中・長期的に考えると、料金を上回るメリットを得られることが分かるはずです。

本来は悩んでいる時間は非常にもったいなく、その時間も RUNTEQ に通えば実践に必要なスキルを身に付けることができます。

恐れず、今すぐその一歩を踏み出しましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

フルスタックWebエンジニアであり、プログラミングスクール講師でもあります。
プログラミングスクールのカリキュラム執筆にも携わっており、プログラミング教材に精通しています。
Rails / React / Next.js / Vue.js / AWS が得意技術。

目次