【Python】0埋めの方法を解説:整数、小数点、日付フォーマット

当サイトでは一部リンクに広告が含まれています
アイキャッチ

数値やデータを整形する「0埋め」は、見た目の統一や計算処理など、多岐にわたって使用される基本技術のひとつです。
特にPythonでは、この0埋めを効果的に活用するためのさまざまな方法が提供されています。

この記事では、プログラミング初心者にも分かりやすく、Pythonでの0埋めの基本から、さまざまな型との組み合わせ、フォーマット、削除方法まで、具体的なソースコードを交えて詳しく解説します。

目次

Pythonでの0埋めの基本

0埋めとは何か? – その重要性

0埋めとは、数字の前に「0」を付けて、一定の桁数を保つことです。
たとえば、5を3桁の数値として表示したい場合、005のようにすることが0埋めです。
これが重要なのは、データの整理や見た目の統一性、計算処理の際に使用されるからです。

Pythonでの0埋め方法 – 初心者向け

Pythonでは、0埋めをする方法がいくつかあります。
まずは基本的な方法を見てみましょう。

number = 5
print(f"{number:03}")  # 出力: 005

ここでf"{number:03}"の部分が、数字を3桁で表示する0埋めの部分です。

0埋めの具体的な使用ケース

0埋めは、日付や時間の表示、商品番号の統一など、さまざまな場面で使用されます。

0埋めを使う型と変換

0埋めとint型 – 整数値のフォーマット

整数値(int型)の0埋めはよく使われます。
たとえば、商品番号が1から始まる場合、001, 002, 003と表示したいことがあります。

for i in range(1, 4):
    print(f"{i:03}")  # 出力: 001, 002, 003

0埋めと小数点 – 浮動小数点数の取り扱い

小数点を含む数値(浮動小数点数)でも0埋めが可能です。

number = 5.12
print(f"{number:07.2f}")  # 出力: 0005.12

0埋めと日付 – 日付フォーマットの調整

日付の表示でも0埋めは役立ちます。

from datetime import datetime

date = datetime(2022, 7, 5)
print(date.strftime("%Y-%m-%d"))  # 出力: 2022-07-05

フォーマットと削除

0埋めとformatメソッド – 詳細なカスタマイズ

Pythonのformatメソッドを使用すると、より詳細なカスタマイズが可能です。

number = 5
print("{:03}".format(number))  # 出力: 005

0埋めの削除 – 必要ない0の削除方法

0埋めが不要になった場合、int関数を使って削除できます。

number = "005"
print(int(number))  # 出力: 5

0埋めとf文字列 – シンプルなフォーマット

f文字列を使用すると、0埋めの表記がシンプルになります。

number = 5
print(f"{number:03}")  # 出力: 005

0埋めの応用例

0埋めとpandas – データ分析における活用法

pandasとはデータ分析でよく使うライブラリで、ここでも0埋めが役立ちます。

import pandas as pd

df = pd.DataFrame({'number': [5, 55]})
df['number'] = df['number'].apply(lambda x: f"{x:03}")
print(df)

0埋めとlist – リスト内の数値の整形

リスト内の数値も0埋めすることができます。

numbers = [5, 55, 555]
numbers_formatted = [f"{x:03}" for x in numbers]
print(numbers_formatted)  # 出力: ['005', '055', '555']
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

フルスタックWebエンジニアであり、プログラミングスクール講師でもあります。
プログラミングスクールのカリキュラム執筆にも携わっており、プログラミング教材に精通しています。
Rails / React / Next.js / Vue.js / AWS が得意技術。

目次