フロントエンドエンジニアとは?バックエンドエンジニアとの違いや学習方法をわかりやすく解説

当サイトでは一部リンクに広告が含まれています
フロントエンドアイキャッチ

ウェブサイトやウェブアプリケーションの製作には、いろいろな専門家が関わっています。

「フロントエンドエンジニア」もその中の一つで、ウェブ制作における重要な職種です。

また、「マークアップエンジニア」という似たような職種もあり、これら二つの違いを理解するのは少し難しいかもしれませんね。




そこで、この記事では「フロントエンドエンジニアとは何か?」をテーマに、仕事内容や年収、将来性について解説します!

目次

フロントエンドエンジニアとは

フロントエンドというのは、みなさんがウェブサイトやウェブアプリケーションを使うときに直接目にする部分です。

たとえば、ウェブサイトで見る画像やテキスト、ボタンを押すとき、あるいはページのレイアウト(配置やデザイン)などが、すべてフロントエンドの仕事です。


では、このフロントエンドはどのように作られるのでしょうか。

主に使われるのは以下のようなプログラミング言語です。

これらはウェブページを構築し、きれいな見た目に整え、動きを加えるために必要なものです。

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript



この職種は比較的新しく、以前はフロントエンドの作業はコーダーやマークアップエンジニア、ウェブデザイナーが行っていました。

しかし、技術の進化によりフロントエンドの作業量が増加し、より専門的なスキルを持つエンジニアの需要が高まりました。

現在、フロントエンドエンジニアはウェブコンテンツ開発において重要な役割を担っており、コーダーやマークアップエンジニアの上位となるエンジニアとして位置づけられています。

まとめると、ウェブサイトやアプリケーションをユーザーの視点から直感的に操作できるよう開発することが、フロントエンドエンジニアの主な仕事です。

フロントエンド・バックエンドの違いとは?

フロントエンドとバックエンドは、ウェブ開発においてお互いに密接に関連していますが、それぞれ特有の領域と役割があります。

開発領域の違い

フロントエンドは、ユーザーと直接対話するインターフェースを担当します。

一方で、バックエンドはサーバー、データベース、アプリケーションロジックなど、ユーザーに直接見えない部分を制御しています。

フロントエンドが美しい山の風景のようであれば、バックエンドはその裏側で動く土台や支えとなる構造物に相当します。

使用言語の違い

フロントエンド開発には主にHTML、CSS、JavaScriptが用いられます。

近年では、ReactやVue.jsなどのフレームワークも人気です。

対照的に、バックエンド開発にはPython、Ruby、Java、PHP、Node.jsなどがよく使用されます。

これらの言語やフレームワークは、サーバーとデータベースを効率的に管理するためのものです。

業務の違い

フロントエンドエンジニアは、ユーザーインターフェースの設計や実装、レスポンシブデザインの適用、ユーザーエクスペリエンス(UX)の向上などに集中します。

一方で、バックエンドエンジニアは、データベースの設計、APIの作成、セキュリティの確保など、システム全体を支える役割を果たします。

このようにして、フロントエンドとバックエンドは各々のスペシャリティで協力し合い、完成度の高いウェブサービスを提供します。

フロントエンドエンジニア・バックエンドエンジニアの仕事内容

フロントエンドとバックエンド、それぞれのエンジニアが担当する仕事内容と役割は独特であり、それぞれが特有のスキルセットと専門知識を必要とします。

以下では、各領域のエンジニアがどのような仕事をしているのか、詳しく解説していきます。

※本記事ではフロントエンドがメインですが、違いを理解するためにバックエンドの仕事内容も記載しています。

フロントエンドエンジニアの仕事内容・役割

フロントエンドエンジニアは、ウェブサイトやアプリケーションの「顔」となる部分を担当します。

例えばデザイナーが作成したモックアップをもとに、実際に動作するインターフェースを作成する役割を果たします。

具体的な仕事内容としては、HTML、CSS、JavaScriptを用いてページをレイアウトし、動的な要素を組み込むことがあります。

また、ユーザーエクスペリエンスを高めるために、アニメーションやインタラクションの設計、レスポンシブデザインの実装、性能の最適化なども行います。

フレームワークやライブラリ(例:React、Vue.js)を使って効率的に開発を進めることも多いです。

バックエンドエンジニアの仕事内容・役割

一方で、バックエンドエンジニアは「裏側」の処理を担当します。

このエリアでは、サーバーとデータベースの管理、APIの開発、データの処理といったタスクが主に行われます。

バックエンドエンジニアは、フロントエンドエンジニアが作成したインターフェースがスムーズに動作するように、必要なデータや機能を提供します。

たとえば、ユーザーがフォームに入力した情報をデータベースに保存したり、それを再度呼び出して表示する処理などがこれに該当します。

使用されるプログラミング言語やフレームワークはPython、Ruby、Java、PHP、Node.jsなど多岐にわたります。

このように、フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアはそれぞれ異なる役割を果たしながらも、共にウェブサービスやアプリケーションの成立に必要な職種です。

フロントエンド開発で必要なスキル

フロントエンド開発には、独自の技術スタックと理解が必要とされます。

以下では、プログラミング言語、フレームワーク・ライブラリなど、必要な主要知識について解説します。

それぞれ、別な記事で詳しく解説していますので、合わせて読むとフロントエンドの全貌を掴むことができます!

フロントエンド開発のプログラミング言語

フロントエンド開発においては、HTML、CSS、JavaScriptの三つの言語が基本となります。

HTML (HyperText Markup Language)
ウェブページの構造を定義する言語です。

テキスト、画像、リンクなどの要素を配置します。

CSS (Cascading Style Sheets)
ページの見た目(色、フォント、レイアウトなど)を制御するスタイリング言語です。

JavaScript
ウェブページに動的な要素を追加するためのプログラミング言語です。

フォームのバリデーションやユーザーとのインタラクションを実現します。

フロントエンド開発のフレームワーク・ライブラリ

近年では、複雑なウェブアプリケーションの開発を効率化するために多くのフレームワークとライブラリが登場しています。

React
Facebookによって開発された人気のあるJavaScriptライブラリで、コンポーネントベースのアーキテクチャが特徴です。

Vue.js
インクリメンタル採用が容易で、独自のエコシステムを持つJavaScriptフレームワークです。

Angular
Googleが支えるTypeScriptベースのフレームワークで、大規模なアプリケーションに適しています。

フロントエンド開発に必要な知識

バージョン管理
Gitなどのバージョン管理ツールは、コードの変更履歴を管理する基本スキルとなります。

レスポンシブデザイン
モバイル、タブレット、デスクトップなど、異なるデバイスで適切に表示されるようにする技術です。

パフォーマンス最適化
速度や効率を高めるためのテクニック(遅延読み込み、画像最適化など)が求められます。

以上のように、フロントエンド開発には多くのスキルと知識が要求されますが、これらはプロジェクトの要件や規模によって変わる場合もあります。

一つ一つ確実にスキルを身につけていくことが、成長と成功の鍵です。

フロントエンドの開発に向いている人の特徴 4選

ここまでを読んできた方は、フロントエンド開発に興味があるはずです。

しかし、いざフロントエンドエンジニアを目指そうと思うと「自分は向いているのか?」と不安になりますよね。

ここでは、フロントエンド開発をしてきた経験をもとに、どういう人が向いているのかを解説します!

UI・UXやデザインに興味がある

ユーザーがウェブサイトやアプリケーションでどのような体験をするか、それがどう見えるかを設計するのがフロントエンドの核心です。

このようなデザインやユーザーエクスペリエンス(UX)に興味を持っている人は、自然とフロントエンド開発に引かれます。

具体的には、好奇心が強く、ユーザーが何を求めているのかを深く考えたいという人が向いています。

最新の情報・技術に関心がある

フロントエンドの世界は、新しいフレームワークやツールが日々出てきています。

この流れを楽しみ、学び続けたいと思える人がフロントエンド開発に最も向いています。

逆に言えば、技術の変化に柔軟に適応できる能力も求められるため、常に新しい情報を追い求める姿勢が重要です。

ユーザー目線で考えられる

ウェブサイトやアプリのエンドユーザーは、その製品の成功を決定づける大きな要素です。

したがって、ユーザーの視点で製品を考え、直感的で使いやすいインターフェースを設計できる人は、フロントエンド開発で大きな成功を収める可能性があります。

たとえば、複雑なプロセスを単純化する方法や、ユーザーが直面する問題を解決する新しいアプローチを考えられる人が該当します。

こだわりを持てる

フロントエンド開発は、デザインの微調整や、パフォーマンスの最適化など、細部にわたる作業が多いです。

これに対する「こだわり」は、良い製品を作るために非常に価値があります。

一見些細に見えるポイントでも、それが積み重なることで大きな差となり、ユーザー体験に多大な影響を与えます。

そのため、細部にまで目を配り、高い水準を維持したいと思う人がフロントエンドの開発に向いています。

フロントエンドエンジニアの需要と将来性

ウェブ技術が日々進化し、インターネットがさらに多くの側面で私たちの生活に影響を与えるようになるにつれて、フロントエンドエンジニアの役割は非常に重要になっています。

このセクションでは、フロントエンジニアの需給状況とその将来性について探ります。

フロントエンドエンジニアの需要

フロントエンドエンジニアは現在、非常に高い需要があります。

オンラインショッピング、SaaSプロダクト、ソーシャルメディアなど、ウェブアプリケーションの増加はこの需要をさらに高めています。

また、より優れたユーザーエクスペリエンスを提供するためには、専門的なフロントエンドのスキルが必要とされるため、企業は積極的に採用しています。

フロントエンドエンジニアの将来性

フロントエンドの技術は常に進化しており、例えばProgressive Web Apps(PWA)、WebAssembly、Server-side Rendering(SSR)など、新たな概念と技術が登場しています。

このような環境下では、継続的な学習とアップデートが必要ですが、それだけに多くのキャリアチャンスと高い報酬が期待できます。

フルスタックエンジニアになるとさらに将来性が高い

フロントエンドエンジニアがバックエンドのスキルも持つと、その需要はさらに高まります。

フルスタックエンジニアとして働くことで、プロジェクト全体を理解し、より効率的なコードを書くことが可能です。

また、スタートアップ企業や小規模プロジェクトでは、一人で多くの役割を担えるフルスタックエンジニアが特に重宝されます。

総じて、フロントエンドエンジニアは高い需要と多くのキャリアオプションを持っています。

しかし、その将来性を最大限に活かすためには、新しい技術とトレンドに常に目を向け、継続的にスキルをアップデートすることが重要です。

フロントエンドとバックエンドのどっちがいい?

「フロントエンドとバックエンド、どちらが良いか」という疑問に対して、一概に答えるのは難しいです。

しかし、いくつかの角度から考慮することで、自分自身に合った選択がしやすくなるでしょう。

キャリアの選択肢

フロントエンドは、スタートアップから大企業まで多くの場で必要とされ、UI/UXデザイナーとしてのスキルも求められることが多いです。

これは多角的なキャリアを築く上で有利ですので、幅広い経験を積みたい場合はフロントエンドが向いているかもしれません。

一方、バックエンドはどちらか言うと専門性を高め、特定分野のプロフェッショナルとしてのキャリアを築くことができます。

もちろん、プログラミング言語やフレームワークを変えることで多少はキャリアチェンジも可能ですが、それでもシステムの専門家としてのキャリアを歩むことになるでしょう。

そのため、自分の強みを活かして深く掘り下げたい場合は、バックエンドが向いていると言えます。

自分自身の興味

デザインやUI/UXなど、クリエイティブであることに興味があるならば、フロントエンドが向いています。

また、ユーザーの反応を見ることにやりがいを感じるならば、フロントエンドが良いでしょう。

一方で、より論理的な思考を好んだり、システムの設計や構築に興味がある場合、バックエンドが向いています。

最終的には、あなた自身の適性や興味、キャリア目標に最も合った方向性を選ぶべきです。

どちらを選ぶべきか悩んでいる方は、以下の記事を読むと悩みが解決します!

フロントエンドエンジニアになるための学習方法

フロントエンドエンジニアになるためには、多くのスキルや経験が必要です。

ですが、何からどの順番で勉強したらいいのか分かりにくいですよね。

そんな方は、以下の記事で紹介しているロードマップに沿って学習していただければ、フロントエンド開発の基礎を身に付けることができます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

フルスタックWebエンジニアであり、プログラミングスクール講師でもあります。
プログラミングスクールのカリキュラム執筆にも携わっており、プログラミング教材に精通しています。
Rails / React / Next.js / Vue.js / AWS が得意技術。

目次