Next.jsとNuxt.jsを徹底比較!どっちを選ぶべき?それぞれのメリット・デメリットを解説

当サイトでは一部リンクに広告が含まれています

ウェブサイトやウェブアプリケーションを作るためには、その見た目や操作感を決めるフロントエンドの開発が必要不可欠です。

しかし、それらを一から作り上げるのは時間と労力がかかります。

そこで、開発を助けるツールとして用いられるのがフロントエンドフレームワークです。


フレームワークとは、一種の「設計図」のようなものです。
この「設計図」に従ってコードを書くことで、時間を節約したり、バグを減らしたり、より良いコードを書くことができます。

フロントエンド(ユーザーが直接触れる部分)を効率的に開発するためには、フロントエンドフレームワークが有効です。

これらはウェブサイトの「見た目」や「動き」を作り上げるためのツールを提供してくれます。


多種多様なフロントエンドフレームワークが存在しますが、今回は特に人気な Next.js Nuxt.js について詳しく見ていきましょう。

目次

Google Trends で人気動向を比較

Google Trends を使い、Google 検索に基づいた過去 5年間の人気動向を比較してみました。

Next.jsとNuxt.jsの人気動向

出典:Google Trends

これを見ると、最初はそこまで差はなかったものの 2021 年ごろを境に Next.js の人気が急上昇していることが分かります。

一方、Nuxt.js は Next.js と比べると低調です。

フレームワークの人気は案件数、参考情報(学習のしやすさ)、そしてフレームワークの発展に直結します。

そのため、今からどちらかを学習するなら今後も継続的な発展が見込める Next.js を学習するのがおすすめです。

では、それぞれのフレームワークの特徴が人気にどう影響しているのか?

次に見ていきましょう。

Next.js について

Next.js とは?

Next.js は React を基盤としたJavaScriptフレームワークで、サーバーサイドレンダリング(SSR)や静的サイト生成に特化しています。

Next.js の SSR(サーバサイドレンダリング)とは、ブラウザがページを表示する前に、サーバ側でページの内容を準備しておく技術です。

SSR により、ページを表示する速度が向上し、ユーザーエクスペリエンスの向上や、SEO対策に有効です。

React との違い

Reactはフロントエンドライブラリで、主にユーザーインターフェースの作成に利用されます。

Next.jsはReactをベースにしたフレームワークですが、Reactをさらにグレードアップさせています。

Reactの機能に加えてサーバーサイドレンダリングや静的サイト生成、ルーティングの設定などが容易に行えるようになっています。

Reactに上乗せされた機能により、開発者はビジネスロジックの開発により集中でき、より高度なアプリケーションを容易に作成できます。

また、Next.jsの一つの大きな特徴は、バックエンド機能のサポートがあるため、Next.js一つでフロントエンドからバックエンドまで一貫して開発することが可能となります。

Nuxt.js について

Nuxt.js とは?

Nuxt.jsは、Vue.jsを基盤としたフレームワークです。

かんたんに開発できるVue.jsの使いやすさを持ちつつ、多機能なWebアプリケーションに必要なルーティングなどの機能が追加されています。

Vue.js との違い

Vue.js は JavaScript フレームワークで、シンプルで直感的な開発ができることから初心者には特に人気です。

そして Nuxt.jsは Vue.js の機能に加え、さらにSSR(サーバーサイドレンダリング)や静的サイト生成、ルーティングの設定が容易になるよう追加の機能を提供しています。

Nuxt.js も Next.js と同様、バックエンドまで一気に Web アプリケーションを作ることができるというメリットがあります。

Next.jsとNuxt.jsの比較

Next.jsとNuxt.js の両フレームワークとも SSR など、多機能なWebアプリケーション開発に必要な機能は揃っています。

どちらを選べるとなると、Next.js と Nuxt.js のどちらを選ぶべきか気になりますよね。

人気度でいえば、Vue.js よりも人気がある React をベースにしている Next.js がリードしていますが、さまざまな観点から比較してみましょう。

学習コスト:Nuxt.js が一歩リード

今から学ぼうとする人、特に初心者にとっては学習のしやすさは重要ですよね。

一般的には React よりも Vue.js の方が最初に覚えるべきルールが少ないといわれています。

そのため、Vue.js をベースにしている Nuxt.js の方が学習コストは低いです。

ただ、Next.js(React)人気の上昇に伴いさまざまな Next.js 学習教材が登場しており、初心者向けの本やUdemy講座も増えてきました。

そのため、学習する環境全体でいうと、そこまで差はないと私は思います。

  • 学習コストが低いのは Nuxt.js
  • 初心者向けの Next.js 教材が増えているので、学習しやすさの差はあまりない

パフォーマンス

パフォーマンスに関しては、Next.jsとNuxt.jsの間に顕著な違いはありません。

どちらも SSR(サーバーサイドレンダリング)をサポートしており、高速なページロードを可能にしています。

よって、先述した学習コストや、後述する開発規模の観点で考えていただくと良いでしょう。

  • Next.js と Nuxt.js のどちらも高パフォーマンスを実現できる
  • パフォーマンスの観点ではどちらでもOK

開発規模

開発規模については Next.js の方が大規模なプロジェクトに向いています

React 自体が大規模なアプリケーションを効率的に開発するための高度な機能を持っています。

そのため、React をベースにしている Next.js も大規模プロジェクトでよく使われています。

一方、Nuxt.js のベースである Vue.js が小〜中規模向けであるため、Nuxt.js も小〜中規模のプロジェクトに適しています。

もちろん、Nuxt.js(Vue.js)が大規模プロジェクトで使えないというわけではありませんが、多くのカスタマイズが必要となってしまいます。

学習初期段階から早めにプロトタイプを作って試したいときには Nuxt.js も選択肢に入るでしょう。

ただ、長い目線でアプリケーションを成長させ、より高機能にしていきたい場合には、Next.js を選ぶのがおすすめです。

  • 大規模アプリを作るなら Next.js がおすすめ
  • 小〜中規模なら Nuxt.js でサクッと作れる
  • 規模感がわからないなら Next.js を選ぶのが無難でおすすめ

TypeScriptとの相性

TypeScriptとの相性に関しては、Next.js が優れています。

Next.js アプリの雛形はコマンドで作れますが、コマンド実行時に「TypeScript に対応させるかどうか?」を選ぶことができます。

つまり、簡単にTypeScriptに対応させることができるため、容易にTypeScriptを導入できます。

一方、Nuxt.js で TypeScript を使うには自分で個別にセットアップが必要であるため、初心者にはハードルが高いです。

しかし、TypeScriptのサポートは改善されつつあり、将来的には Next.js とそこまで変わらなくなるでしょう。

  • TypeScript を使いたいなら Next.js の方が簡単にセットアップ可能
  • Nuxt.js だと自分で設定しなければならない

結論:どっちを選ぶべき?

それぞれ、メリットとデメリットがあることが分かりました。

ここまでの内容を踏まえ、Next.js と Nuxt.js のそれぞれをまとめておきましょう。

Next.jsを選ぶべき場面

  • 大規模なプロジェクトや多機能アプリケーションを開発する場合
  • Reactの知識を既に持っている、または学びたいと思っている場合
  • TypeScriptを積極的に利用したい場合
  • 転職やフリーランスを目指している場合

Nuxt.jsを選ぶべき場面

  • 中規模以下のプロジェクトを開発する場合
  • Vue.jsの知識を既に持っている、または学びたいと思っている場合
  • 低コストの学習でとりあえずの開発を優先する場合

とはいえ、具体的なアプリイメージが固まっていないと悩んでしまいますよね。

まだ悩ましい場合は、将来的な需要・人気を考えて長期的に伸びるであろう Next.js がおすすめです。

Next.js を使えるようになりたい方におすすめの記事

Next.js を使えるようになるには、当然ながら JavaScript、そしてベースである React 自体のスキルも必要です。

これから学習を始める方であれば、以下の記事のロードマップに沿っていけば独学で習得できますので、参考にしてみてください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

フルスタックWebエンジニアであり、プログラミングスクール講師でもあります。
プログラミングスクールのカリキュラム執筆にも携わっており、プログラミング教材に精通しています。
Rails / React / Next.js / Vue.js / AWS が得意技術。

目次